お金をかけずに暑さ対策!夏の部屋ってどうして暑いの?

暑い夏
                       




お金をかけずに暑さ対策対策!夏の部屋ってどうして暑いの?

少し工夫して涼しい部屋を作ろう!

冷房が効かない部屋があるって本当?

部屋が暑い
どうしてそんなに部屋が暑いのか
冷房をつけているのにあまり効いている気がしない
冷房の性能がダメなのか

そんなことでお悩みの方は多いのではないでしょうか

建物プロの目線から
夏の暑さ対策についてお話ししたいと思います

こんにちは
おそうじ処たよって屋コンシェルジュゆーきです
私はInstagramでは、建築工学、環境工学の知識をもとにおそうじ情報、便利グッズ紹介などを行っています

まずは建物の仕組みを知ろう!

室内に「熱」を侵入させない工夫

建物というのは日中太陽の熱を最前線で浴びています

灼熱の壁

Processed with MOLDIV

真夏にコンクリートを触ってしまって「熱っ」という思いをしたことは
ないでしょうか

あなたの住まいも
太陽の熱を一心に浴びて
熱を吸収しています

そして
特に建物の一番熱いところといえばそう

「屋根」ですよね

屋根は雨から守ってくれるだけでなく
太陽の熱からも守ってくれるのです
熱い屋根 

建物が浴びた熱はもちろん室内にも侵入します

外気温は35度
壁の温度は約50度
屋根なんて100度はあるほど熱いのです
その熱が完全に室内にシャットアウトできることは
難しいということは
お分かりですよね?

ではお金をかけずに
涼しい部屋を作るにはどうすればいいのか

お金をかけずに涼しくする方法

効果的な5選紹介します!

1外側から壁を冷やす工夫をする
2室内側lから室内を冷やす工夫をする
3冷房を適切につける
4夏は冷房つけっぱなし
5扉は開けっ放し

建物プロ家政婦が推奨する方法はこちらです

1外側から壁を冷やす工夫をする

まず壁が熱くなることを防ぎましょう
外側から熱をシャットアウトする工夫といえば

サンシェード


すだれ、よしず



グリーンカーテンに向いている植物
お花も綺麗!朝顔

採って食べれて!キュウリ

風船見たな形も可愛いフウセンカズラ

どんどん伸びるヘチマ

2室内側から室内を冷やす工夫をする

カーテン

調光ロールスクリーン

窓は一番熱を取り込んでしまいます
光を取り入れながら「熱」はシャットアウトするようにしましょう!

冷房と一緒に使って効率よく風を当てる扇風機




サーキュレーター


3冷房は適切につける

電気屋さんに行く前に賢く診断 リビングエアコンの選び方
こちらを参考に、エアコンを調整しましょう!
夏の風は基本的には涼しくはありません

冷房をつけて、熱中症を予防しましょう

4夏は冷房はつけっぱなし
たよって屋の推奨は「エアコンつけっぱなし」です

エアコンは起動時に一番エネルギーを使います

すなわち
つけたり消したりするということはエネルギーを余分に使って
しまうということ

冷房はつけっぱなしのほうが電気代はかかりません

5室内の扉は開けっ放し

この記事にもあるように
↓↓↓
正しいエアコンの選び方

●畳用のエアコンというのは1964年の基準をもとに算出した
数字なのです
断熱、高機密住宅になっている現在は
きちんと「知識」を持ってエアコンを賢く使いましょう

18畳用のエアコンであれば、廊下、洗面台まで届くほどの効果を
発揮します

室内側からも建物を冷やしてあげてください

いかがでしたでしょうか

夏本番!
みなさん熱い夏を乗り越えましょう!




エアコン分解クリーニング、換気扇クリーニングなら
株式会社TSReformおそうじ処たよって屋へ!
たよって屋のエアコンクリーニング

Follow me!

お金をかけずに暑さ対策!夏の部屋ってどうして暑いの?

暑い夏

暑さから守る住宅




お金をかけずに暑さ対策対策!夏の部屋ってどうして暑いの?

少し工夫して涼しい部屋を作ろう!

冷房が効かない部屋があるって本当?

部屋が暑い
どうしてそんなに部屋が暑いのか
冷房をつけているのにあまり効いている気がしない
冷房の性能がダメなのか

そんなことでお悩みの方は多いのではないでしょうか

建物プロの目線から
夏の暑さ対策についてお話ししたいと思います

こんにちは
おそうじ処たよって屋コンシェルジュゆーきです
私はInstagramでは、建築工学、環境工学の知識をもとにおそうじ情報、便利グッズ紹介などを行っています

まずは建物の仕組みを知ろう!

室内に「熱」を侵入させない工夫

建物というのは日中太陽の熱を最前線で浴びています

灼熱の壁

Processed with MOLDIV

真夏にコンクリートを触ってしまって「熱っ」という思いをしたことは
ないでしょうか

あなたの住まいも
太陽の熱を一心に浴びて
熱を吸収しています

そして
特に建物の一番熱いところといえばそう

「屋根」ですよね

屋根は雨から守ってくれるだけでなく
太陽の熱からも守ってくれるのです
熱い屋根 

建物が浴びた熱はもちろん室内にも侵入します

外気温は35度
壁の温度は約50度
屋根なんて100度はあるほど熱いのです
その熱が完全に室内にシャットアウトできることは
難しいということは
お分かりですよね?

ではお金をかけずに
涼しい部屋を作るにはどうすればいいのか

お金をかけずに涼しくする方法

効果的な5選紹介します!

1外側から壁を冷やす工夫をする
2室内側lから室内を冷やす工夫をする
3冷房を適切につける
4夏は冷房つけっぱなし
5扉は開けっ放し

建物プロ家政婦が推奨する方法はこちらです

1外側から壁を冷やす工夫をする

まず壁が熱くなることを防ぎましょう
外側から熱をシャットアウトする工夫といえば

サンシェード


すだれ、よしず



グリーンカーテンに向いている植物
お花も綺麗!朝顔

採って食べれて!キュウリ

風船見たな形も可愛いフウセンカズラ

どんどん伸びるヘチマ

2室内側から室内を冷やす工夫をする

カーテン

調光ロールスクリーン

窓は一番熱を取り込んでしまいます
光を取り入れながら「熱」はシャットアウトするようにしましょう!

冷房と一緒に使って効率よく風を当てる扇風機




サーキュレーター


3冷房は適切につける

電気屋さんに行く前に賢く診断 リビングエアコンの選び方
こちらを参考に、エアコンを調整しましょう!
夏の風は基本的には涼しくはありません

冷房をつけて、熱中症を予防しましょう

4夏は冷房はつけっぱなし
たよって屋の推奨は「エアコンつけっぱなし」です

エアコンは起動時に一番エネルギーを使います

すなわち
つけたり消したりするということはエネルギーを余分に使って
しまうということ

冷房はつけっぱなしのほうが電気代はかかりません

5室内の扉は開けっ放し

この記事にもあるように
↓↓↓
正しいエアコンの選び方

●畳用のエアコンというのは1964年の基準をもとに算出した
数字なのです
断熱、高機密住宅になっている現在は
きちんと「知識」を持ってエアコンを賢く使いましょう

18畳用のエアコンであれば、廊下、洗面台まで届くほどの効果を
発揮します

室内側からも建物を冷やしてあげてください

いかがでしたでしょうか

夏本番!
みなさん熱い夏を乗り越えましょう!




エアコン分解クリーニング、換気扇クリーニングなら
株式会社TSReformおそうじ処たよって屋へ!
たよって屋のエアコンクリーニング

Follow me!

PAGE TOP